L’Arc〜en〜Ciel WORLD TOUR 2012!!

L'Arc〜en〜Cielにとって約4年ぶりのワールドツアー「L'Arc〜en〜Ciel WORLD TOUR 2012」が、3月3日の香港Asia World EXPO ARENA公演で開幕した。 バンド結成20周年を迎えた昨年はこれまで以上に精力的なライヴやリリースなどの活動を展開し、モンスターバンドとしての実力と存在感を日本国内に見せつ けたL'Arc〜en〜Ciel。今年2月にリリースした最新アルバム「BUTTERFLY」は、日本のみならず台湾、韓国、香港のヒットチャートでも上 位にランクインし、高い評価を受けている。 メンバーが3月1日に香港国際空港に到着した際には、現地のファンや地元メディアの報道陣が殺到し、彼らの4年ぶりの香港訪問を歓迎した。また、翌2日に はアジア各国の報道陣を対象とした記者会見を実施。 hyde(Vo)はワールドツアー最初の都市を香港に決めた理由を「前回香港のファンに温かく迎えてもらえたので、今回は最初に香港に行って、自分たちに 自信をつけてから周ろうと思いました」と説明した。また、tetsuya(Ba)はツアーへの意気込みを「(ツアーが終わって)ひと段落すると次の計画は まだ決まっていないので、このツアーを楽しみたい。全力でやりたいです」と語った。 そんな彼らが世界中のファンの期待を受けてスタートした香港公演。会場には地元 香港をはじめアジア各国から約10,000人のファンが集まり、圧巻のパフォーマンスに熱狂した。ライヴでは「BUTTERFLY」の収録曲はもちろん、 ファンには馴染みのナンバーから大ヒットチューンまで、さまざまな楽曲を披露。 観客から日本語での合唱も起こり、香港での人気ぶりを感じさせた。MCではhyde(Vo)が広東語で「こんばんは香港!会いたかったよ!」「みんなあり がとう、愛してるよ!」と挨拶し、ken(Gt)が「僕は昨日オープントップバスで女人街にいきました。その後男人街にもいきました」と話すなどして、地 元のファンを喜ばせた。 この「L'Arc〜en〜Ciel WORLD TOUR 2012」は日本を含む10カ国にわたって開催される。日本での凱旋公演は5月に横浜 日産スタジアムおよび大阪 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて行われる。来たるべき凱旋公演では“世界基準”のバンドとなった彼らの凄まじさを改めて感じられることだろう。 なお、3月26日(日本時間)に行われるニューヨーク Madison Square Garden公演の模様が、日本国内の映画館29館で中継されることも決定した。海外での彼らのステージを、国内からも楽しんでみよう。